スキル

個々人の持てる能力を最高にして、どう組織の総合力にするのかが、リーダーの仕事。 by 瀬戸雄三

個々人の持てる能力を最高にして、どう組織の総合力にするのかが、リーダーの仕事。

(アサヒビール元社長 瀬戸雄三)

チームビルディングと部下の成長においてこれは大事なことですね。

そして、部下が成長して、チームとして機能し始めると

■メンバーが自立して動き出す
■何か課題が発生してもチームメンバーが協力して解決する

ことができるようになります。

そして、世の中の多くのリーダーは「プレイングマネージャー」です。
これは「経営者」もそうです。

特に小規模の会社の「経営者」は自らが、商品、サービスを提供したり
営業したりしながら、自分の会社の社員のことも考えなければならない。

究極の「プレイングマネージャー」です。

そして、そんなプレイングマネージャーにとって

■メンバーが自立して動き出す
■何か課題が発生してもチームメンバーが協力して解決する

状態になれば、結果として自分のための時間が作れるようになります。

つまり、優先すべきはこの状態づくり、少し言い換えれば

「メンバーの強みを見つけ、それを仕事やチーム運営の中で活かすこと」

です。

メンバーの力を、組織の総合力にしていくことです。

これは僕自身が、はじめてリーダーになった時に

メンバーの相談や課題対応に追われ自分の時間が取れなくなる
メンバーが自立していないから課題が頻発する

状況の中で、どうしたらよいのか?を考えた結果たどり着いた答えです。

なお

「メンバーの強みを見つけ、活かすこと」

ことがなぜ、いいのか?

それは

1.人は自分の強みは自然に発露するのでやりやすい
2.自分の得意なことで貢献できると楽しいしモチベーションが上がる
3.自分のことを認めてくれている実感がある

からなのですね。

だから、

「メンバーの強みを見つけ、それを仕事やチーム運営の中で活かすこと」

は僕らリーダーがすべき「大切な仕事」です。

そうすることにより

■メンバーが自立して動き出す
■何か課題が発生してもチームメンバーが協力して解決する

状態となり、組織力が上がり、結果としてリーダーの時間もできるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』

関連記事

  1. スキル

    プレイングマネージャーの時間術

    「苅谷も31歳だから、そろそろプロジェクトのリーダーやってみるか」…

  2. スキル

    1人ひとりの個性をチーム力に変える方法

    僕が初めてリーダーに任命されたのが31歳の時。プレイングマネージャ…

  1. 実施報告

    【弘前】歯科医院1Day研修
  2. スキル

    個々人の持てる能力を最高にして、どう組織の総合力にするのかが、リーダーの仕事。 …
  3. よむ

    【コラム】人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである
  4. 講座・研修

    【研究会】Why&ジョインアップ研究会
  5. よむ

    【コラム】こんな声掛けをしていますか?
PAGE TOP