リーダーシップ

メンバーの士気を高めるために大切なコト

2017年5月の日経新聞の「私の履歴書」は、オリエンタルランド会長兼CEOの
加賀見俊夫さんです。

「私の履歴書」は今成功していると言われるリーダーたちのまさに
現在に至るまでが描かれており、好きな連載のひとつです。

そして、今や他のテーマ―パークの追随を許さないディズニーランド。
でも、ここに至るまでにたくさんの荒波を乗り越えて今があります。

それを経て、事実としての

社員教育も大事だが、ひとりひとりが現場で士気を高め、
いかに仕事を楽しむかが何よりも大事だと思っている。

私は厳しいことも言っている。
若い社員には自己研鑽(けんさん)して自らを磨けとはっぱをかける。
若い時に苦労して、身銭を切って感性を磨くのだ。

経営は安定軌道を描き続けているが甘えてはいけない。
中堅社員には会社を背負う気概を持て、常に危機感を抱けと言っている。

(加賀見俊夫 オリエンタルランド会長兼CEO)

といった加賀見さんの言葉は重みがありますね。

この

「ひとりひとりが現場で士気を高め、いかに仕事を楽しむか」

といった状態をつくることは経営者であっても、プレイングマネージャー
であっても、専任のリーダーであっても

「組織づくり」

において大事な

「やるべきこと」

です。

サービスを提供する側が楽しんでいる姿は、お客さんに伝わります。

その逆もしかりです、

そして、何よりも、自らが意義を感じ「楽しむ」ことで、

■より良くするにはどうしたらいいか?

■さらに工夫するとしたら何ができるか?

という自主性も生まれてきます。

これが最も生きる時は、大きな問題が発生した時です。

責任転嫁ではなく

「どうしたらいいか?」

で考えられるようになります。

なお、その状態に持って行くために大切なコトは

「何のために会社がありサービスを提供しているのか?」

といった信念や目的、ビジョンといったことを、語り、伝えていくことです。

そして、その組織における信念や目的、ビジョンに一番近いのは経営者です。
そして、次に近いのが、その下のリーダーたちです。

つまり、近い人たちは、そこから遠い社員にそれを伝えていくことはとても大事ですね。
ぜひ、自分の会社の、自分の組織の、自分のチームの存在意義や目的、大切にしている信念は何か?

それを考えて伝えていってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』

関連記事

  1. リーダーシップ

    俺が責任をとる

    僕がダメなリーダーだった時代を振り返ってみると「勝手にこうだと思い…

  1. 実施報告

    【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』
  2. スキル

    プレイングマネージャーの時間術
  3. 講座・研修

    【研究会】Why&ジョインアップ研究会
  4. よむ

    【コラム】はじめてチームが1つになる時
  5. 実施報告

    【東京】売れるお店のリーダーが身につけている3つのシンプルな法則@商人大学校
PAGE TOP