よむ

【コラム】ひとりひとりが現場で士気を高め、いかに仕事を楽しむかが何よりも大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月の日経新聞の「私の履歴書」は、オリエンタルランド会長兼CEOの
加賀見俊夫さんです。

「私の履歴書」は今成功していると言われるリーダーたちのまさに
現在に至るまでが描かれており、好きな連載のひとつです。

そして、今や他のテーマ―パークの追随を許さないディズニーランド。
でも、ここに至るまでにたくさんの荒波を乗り越えて今があります。

それを経て、事実としての

社員教育も大事だが、ひとりひとりが現場で士気を高め、
いかに仕事を楽しむかが何よりも大事だと思っている。

私は厳しいことも言っている。
若い社員には自己研鑽(けんさん)して自らを磨けとはっぱをかける。
若い時に苦労して、身銭を切って感性を磨くのだ。

経営は安定軌道を描き続けているが甘えてはいけない。
中堅社員には会社を背負う気概を持て、常に危機感を抱けと言っている。

(加賀見俊夫 オリエンタルランド会長兼CEO)

といった加賀見さんの言葉は重みがありますね。

この

「ひとりひとりが現場で士気を高め、いかに仕事を楽しむか」

といった状態をつくることは経営者であっても、プレイングマネージャー
であっても、専任のリーダーであっても

「組織づくり」

において大事な

「やるべきこと」

です。

サービスを提供する側が楽しんでいる姿は、お客さんに伝わります。

その逆もしかりです、

そして、何よりも、自らが意義を感じ「楽しむ」ことで、

■より良くするにはどうしたらいいか?

■さらに工夫するとしたら何ができるか?

という自主性も生まれてきます。

これが最も生きる時は、大きな問題が発生した時です。

責任転嫁ではなく

「どうしたらいいか?」

で考えられるようになります。

なお、その状態に持って行くために大切なコトは

「何のために会社がありサービスを提供しているのか?」

といった信念や目的、ビジョンといったことを、語り、伝えていくことです。

そして、その組織における信念や目的、ビジョンに一番近いのは経営者です。

そして、次に近いのが、その下のリーダーたちです。

つまり、近い人たちは、そこから遠い社員にそれを伝えていくことはとても大事ですね。

ぜひ、自分の会社の、自分の組織の、自分のチームの存在意義や目的、大切にしている信念は何か?

それを考えて伝えていってくださいね!

週1回、メールマガジンでこのコラムやその他リーダーシップや
チームビルディングに役立つ情報を無料で配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かりやコージ

かりやコージ

投稿者の記事一覧

bizデザイン★Labo代表/株式会社ビーコネクト代表取締役
1966年8月生まれ。法政大学卒業
「強くしなやかなチーム創り」
をテーマにNPO法人や店舗、小規模の企業におけるリーダーシップやチームビルディングを実践研究することで、公的機関からの講座依頼や店舗や歯科医院、NPO法人、ベンチャー企業小規模事業者におけるリーダー育成、チーム創りに携わる。

関連記事

  1. 【コラム】今ある人材と資産で何ができるかを考える
  2. 【コラム】俺が責任をとる
  3. 【コラム】10人いれば受け止め方もそれぞれ違う
  4. 【コラム】スーパーマンはいない
  5. 「リーダーの条件」カルロス・ゴーン
  6. 【コラム】店舗スタッフが自然と売上や利益について考える仕組み化
  7. 【コラム】人の強みを発揮させ、弱みを無意味にする
  8. 【コラム】個々人の持てる能力を最高にして、どう組織の総合力にする…
PAGE TOP