よむ

【コラム】ホウレンソウは誰がするもの?

新入社員研修で必ずと言っていいほど教わり、いつの時代に
おいても重要なのが

「ホウレンソウ」

です。

報告(ホウ)と連絡(レン)、相談(ソウ)はビジネスにおいて
必要不可欠な

「コミュニケーション」

です。

そして、意外とこれを教わるのが

「新入社員研修」

だけ。

役職がついたりリーダーになってからの研修をやっている
ところが少ないこと、やっていてもそこで扱うことが少ない
ので、この「ホウレンソウ」は

部下から上司に対して行うもの

と思い込んでいる人が多いのです。

もちろん、部下から上司、あるいはメンバー間で行うコトは
大事です。

でも、もう一つ大事なのが組織・人の変革を目的としたコンサルティングサービスの
株式会社イマージェンスの桑畑社長もおっしゃっている

いい上司は部下に対してもホウレンソウをしています。

上司の立場だからこそ得られる情報を共有したり問題を相談し、
部下からうまく情報とやる気を引き出しているのです。

です。

僕らリーダーや経営者は、他のメンバーよりも圧倒的に情報も
見えている視野も広いのですね。

それを共有し、共にチームのゴールを目指す。

これがチームのゴール到達への近道です。

そして、もうひとつ。

「ホウレンソウをしなさい!」

と徹底しても浸透しない場合でも、リーダーや経営者自らが行うと浸透していきます。

それくらい、チームにおけるリーダーの影響力は大きいのです。

ぜひ、強くしなやかなチーム作りのために、僕らがまず率先してホウレンソウをしていきましょう!

週1回、メールマガジンでこのコラムやその他リーダーシップや
チームビルディングに役立つ情報を無料で配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』

関連記事

  1. よむ

    フェイスブックページ500人記念!無料動画コンテンツ

    2016年11月に立ち上げた「強くしなやかなチームを創りましょう!…

  2. よむ

    【コラム】同じ目線に立つ

    不思議なことにリーダーになると、それまで感じていた「メンバーの気持…

  3. よむ

    【コラム】はじめてチームが1つになる時

    何か想定外の問題が発生した時、解決しなければならない課題が発生した時。…

  4. よむ

    【コラム】「いなくても大丈夫な状況」をつくる

    人から「必要とされる存在」でありたいと思うのは人の常。人から必要とさ…

  5. よむ

    「リーダーの条件」カルロス・ゴーン

    本日(2017年1月30日)の「私の履歴書」に掲載されていたカルロス・…

  6. よむ

    【コラム】人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである

    こちらでお伝えする「強くしなやかなチーム創り」のコンテンツは、研究…

  1. よむ

    【コラム】同じ目線に立つ
  2. 実施報告

    【青森】NPO法人スタッフ研修
  3. 講座・研修

    【実践会】自立型問題解決法実践会
  4. よむ

    【コラム】ホウレンソウは誰がするもの?
  5. よむ

    【コラム】問題を抱え、悩みはじめると孤独になりやすい
PAGE TOP