よむ

【コラム】同じ目線に立つ

不思議なことにリーダーになると、それまで感じていた

「メンバーの気持ち」
「メンバーの視点」

を忘れてしまうのですね。

これは、リーダーシップ研修の中で、話を聞いてみると9割の人が
時には全員が体験している事実です。

実際に、公開講座の

リーダーが身に着けている『たった3つのシンプルな法則』

の中で「ハートビーイング」というワークをするのですが、そのワークを
してみると、そのメンバーとリーダーの視点の違い、気持ちに気づきます。

思い出してみてください。

あなたがはじめて会社や仕事でチームに配属されたとき。
2年目、3年目だった時。
はじめて、部下がついた時。

どんな気持ちだったか?
メンバーとしてリーダーに何を望んでいたのか?

相手の気持ちに立つ。

これは、チームマネジメントでも、また、ビジネスにおいてはマーケティングの視点でも
大事なことですね。

人は「心」で動きます。
それであれば、相手の「気持ち」に意識を向けることは大事ですね。

指導者は選手と同じ目線に立って、選手の気持ちを理解して
指導していくことが大事なことだと思います。

<鈴木 貴美一 バスケットボール指導者>

 
 

週1回、メールマガジンでこのコラムやその他リーダーシップや
チームビルディングに役立つ情報を無料で配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』

関連記事

  1. よむ

    【コラム】「いなくても大丈夫な状況」をつくる

    人から「必要とされる存在」でありたいと思うのは人の常。人から必要とさ…

  2. よむ

    「リーダーの条件」カルロス・ゴーン

    本日(2017年1月30日)の「私の履歴書」に掲載されていたカルロス・…

  3. よむ

    【コラム】人の強みを発揮させ、弱みを無意味にする

    リーダーになりたての頃、ここに気づいてませんでした。自分の強みだけを…

  4. よむ

    【コラム】ホウレンソウは誰がするもの?

    新入社員研修で必ずと言っていいほど教わり、いつの時代においても重要な…

  5. よむ

    【コラム】はじめてチームが1つになる時

    何か想定外の問題が発生した時、解決しなければならない課題が発生した時。…

  6. よむ

    【コラム】問題を抱え、悩みはじめると孤独になりやすい

    先日、社内研修をお手伝いしている歯科医院の院長と街中でばったり出会いま…

  1. 実施報告

    【青森】NPO法人スタッフ研修
  2. スキル

    個々人の持てる能力を最高にして、どう組織の総合力にするのかが、リーダーの仕事。 …
  3. よむ

    【コラム】「いなくても大丈夫な状況」をつくる
  4. 講座・研修

    【公開講座】リーダーが身に着けている『たった3つのシンプルな法則』 in 東京・…
  5. よむ

    【コラム】こんな声掛けをしていますか?
PAGE TOP