よむ

【コラム】同じ目線に立つ

不思議なことにリーダーになると、それまで感じていた

「メンバーの気持ち」
「メンバーの視点」

を忘れてしまうのですね。

これは、リーダーシップ研修の中で、話を聞いてみると9割の人が
時には全員が体験している事実です。

実際に、公開講座の

リーダーが身に着けている『たった3つのシンプルな法則』

の中で「ハートビーイング」というワークをするのですが、そのワークを
してみると、そのメンバーとリーダーの視点の違い、気持ちに気づきます。

思い出してみてください。

あなたがはじめて会社や仕事でチームに配属されたとき。
2年目、3年目だった時。
はじめて、部下がついた時。

どんな気持ちだったか?
メンバーとしてリーダーに何を望んでいたのか?

相手の気持ちに立つ。

これは、チームマネジメントでも、また、ビジネスにおいてはマーケティングの視点でも
大事なことですね。

人は「心」で動きます。
それであれば、相手の「気持ち」に意識を向けることは大事ですね。

指導者は選手と同じ目線に立って、選手の気持ちを理解して
指導していくことが大事なことだと思います。

<鈴木 貴美一 バスケットボール指導者>

 
 

週1回、メールマガジンでこのコラムやその他リーダーシップや
チームビルディングに役立つ情報を無料で配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』

関連記事

  1. よむ

    【コラム】人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである

    こちらでお伝えする「強くしなやかなチーム創り」のコンテンツは、研究…

  2. よむ

    【コラム】ホウレンソウは誰がするもの?

    新入社員研修で必ずと言っていいほど教わり、いつの時代においても重要な…

  3. よむ

    フェイスブックページ500人記念!無料動画コンテンツ

    2016年11月に立ち上げた「強くしなやかなチームを創りましょう!…

  4. よむ

    【コラム】10人いれば受け止め方もそれぞれ違う

    リーダーになりたての頃の失敗。それは、みんな自分と同じ視点で考え、話…

  5. よむ

    【コラム】スーパーマンはいない

    だからこそのチーム。だからこそひとりひとりの強みや得意なことを把握し…

  6. よむ

    「リーダーの条件」カルロス・ゴーン

    本日(2017年1月30日)の「私の履歴書」に掲載されていたカルロス・…

  1. 実施報告

    【東京】売れるお店のリーダーが身につけている3つのシンプルな法則@商人大学校
  2. よむ

    【コラム】人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである
  3. よむ

    【コラム】はじめてチームが1つになる時
  4. よむ

    【コラム】スーパーマンはいない
  5. 実施報告

    【青森】NPO法人スタッフ研修
PAGE TOP