よむ

【コラム】10人いれば受け止め方もそれぞれ違う

リーダーになりたての頃の失敗。
それは、みんな自分と同じ視点で考え、話したことを自分と同じように受け取るものという思い込みでした。

チームがぎくしゃくし始める最も大きな要因は何でしょうか?
多くの現場を見てきてわかったことがあります。

それは

「コミュニケーションのすれ違い」

なのですね。

みんな、自分と同じように受け止めていると「思い込む」
その前提で話したり動いたりする。

でも、実際は、それこそ10人いたら10人とも受け止め方が違うことなんてざらにある。

だから、自分がマネジメントしている時は、確認します。

コンサルタントとしてチームビルディングやマネージャー支援で入ったり研修を
している時は、リーダーが話したことを全員が等しくちゃんと受け止められて
いないかもと感じた時も確認します。

「今話したことちゃんと伝わっているかな?」

と。

そして、「大丈夫です!」と答えが返ってきたときに、そのままにしない。

「よかった!じゃあ、どういうことが話してみて」

と本人に話してもらうようにしています。

すると、本当に理解しているメンバーもいれば、ちょっとずれているメンバーもいる。
あるいは、自分なりの解釈を入れている人もいる。

また、仕事経験が豊富なメンバー、数年選手。
あるいは、同じ経歴でも、自分やそのリーダーとチームを組んだ時間が多いメンバー。
初めてのメンバー。

それぞれ違うのですね。
だから、それぞれに合わせたコミュニケーションが重要になる。

これがリーダーにとって大事な仕事になります。

「えっ、面倒・・。
 そんなのメンバーの方がすべきことでしょ?」

その気持ちはよくわかります(笑)
僕もかつてそう思っていたから。

でもね、だからこそ、いろんなチームでギクシャクするシーンが出てくるのです。
それが重要なことと理解し、対応しない人が多いから。

逆にこのコミュニケーションのずれがなくなれば、基本的にチームはスムーズに
動き出します。

何かを人に伝えるとき、気をつけなければならないのは、10人いれば物事の受け止め方もそれぞれ違うということです。
例えば、日本のトップクラスならできて当たり前のことでも、新人1年生では無理なことって多いですよね。

だから、それぞれに対する指導や接し方が違います。
それには、まず監督がその子をよく理解するべきです。

<宇津木妙子 元ソフトボール日本代表監督>

 
 
 

週1回、メールマガジンでこのコラムやその他リーダーシップや
チームビルディングに役立つ情報を無料で配信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【渋谷】プロフェッショナルチーム『りんご農園×地方活性化×デザイナー』

関連記事

  1. よむ

    【コラム】人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである

    こちらでお伝えする「強くしなやかなチーム創り」のコンテンツは、研究…

  2. よむ

    「リーダーの条件」カルロス・ゴーン

    本日(2017年1月30日)の「私の履歴書」に掲載されていたカルロス・…

  3. よむ

    【コラム】「いなくても大丈夫な状況」をつくる

    人から「必要とされる存在」でありたいと思うのは人の常。人から必要とさ…

  4. よむ

    【コラム】はじめてチームが1つになる時

    何か想定外の問題が発生した時、解決しなければならない課題が発生した時。…

  5. よむ

    【コラム】問題を抱え、悩みはじめると孤独になりやすい

    先日、社内研修をお手伝いしている歯科医院の院長と街中でばったり出会いま…

  6. よむ

    【コラム】今ある人材と資産で何ができるかを考える

    僕は前職の会社員時代「火消屋」と呼ばれていました。もちろん正式な役…

  1. よむ

    「リーダーの条件」カルロス・ゴーン
  2. 実施報告

    【八戸】歯科医院研修
  3. 講座・研修

    【公開講座】リーダーが身に着けている『たった3つのシンプルな法則』 in 青森・…
  4. 実施報告

    【弘前】歯科医院1Day研修
  5. スキル

    1人ひとりの個性をチーム力に変える方法
PAGE TOP